【BARIKI】 フォーミュラD・車動画・ドリフト・原付・DVD情報を配信中♪

BARIKIはフォーミュラD情報やドリフト動画、原付修理の模様を紹介しながら365日毎日更新を目指しているブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted --.--.-- | Category: スポンサー広告 |

【フォーミュラD】 審査について(本選・追走ラウンド) 

【フォーミュラD】 審査について(本選ラウンド)

ここでは、フォーミュラドリフトにおける基本的な審査基準などをご紹介致しています。そして、今回はその中でも特に「追走ラウンド」の審査についてご紹介したいと思います。



○ 追走ラウンドの審査ポイント

追走ラウンドでは、2台の車が同じコース上でドリフトをしながら競い合います。1台が「先行車」として前を走り、そしてもう1台は「後続車」として前の車を追いかけながら走ります。これは2回繰り返され、「先行・後追い」を交互に入れ替えて勝敗が決まります。簡単にいうと「ドリフトをしながらの追いかけっこ」を2本やるということです。


ポイント1: 審査基準は予選ラウンドと同じ

追走ラウンドは2台で戦うタンデムバトルとはいえ、その走りの審査基準は予選ラウンドと同じです。ジャッジ(審査員)はドライバーの「ライン・スピード・アングル・インパクト」の全てを考慮しながら審査します。


ポイント2: 先行車は予選以上の走りをする

追走ラウンドでは先行の車の方が自分のペースで走れる分、有利となります。しかしこの時、先行の車が自分の有利なリズムを作り出す為に、予選の時よりも低いレベルでの走りをした場合は即減点対象となってしまいます。これは、どんな戦いにおいても常に最大限の走りを出せない選手は、フォーミュラDではプロとして戦えないということを意味します。


ポイント3: 後続車の走り

後ろから追いかける選手は、前を走る選手に引き離されないことが絶対条件です。追走中、先行の車とあまりにも距離が開いてしまった場合は大きな減点対象となっていまいます。また、後追いの車もドリフト中は予選時同様の審査ポントを重視され審査されます。その為、勢いよく走っているが故に前の車との距離が狭まってしまい、その時に自分のドリフトが戻ってしまった場合もまた大きな減点対象となってしまいます。


ポイント4: 追い越し禁止

追走ラウンドでは、基本的に後追い車が前の車を抜くことは禁止となっています。例え、後続車が前の車を抜ける瞬間を見つけたとしても抜くことはできません。こういう場合、後続車は前の車との距離を最大限狭めるところまでで終わりにする必要があるのです。ようするに、前の車がドリフトしている限り、追い越しは禁止ということです。

しかし、このルールには特例があります。それは、前を走っている選手がミスをして巻いてしまったり、何らかのトラブルによりドリフトを継続していない場合は、後続車が前の車を抜くことを許可されています。これは、後続車が安全に抜けると判断した場合のみ適用されます。しかしその場合も、プロとしてのマナーを十分守りながら抜く必要があるので、それが出来ない選手は抜くことはできません。


ポイント5: 接触によるドリフトが中断した場合

追走ラウンド中の接触により両者のドリフトが終わってしまった場合は、接触原因を引き起こした選手にペナルティーポイントが加えられます。例え、その選手に悪意がなかったとしても、ドリフトを中断させてしまったことは大きな減点ポイントとなってしまうのです。

また、これにより両選手の車が走行不可能となった場合は「フォーミュラD特別ルール」により10分間ルールが適用されます。選手やチームクルーはこの時間内に車を修理し、実走できる状態に戻さなければ失格となります。


ポイント6: トータルパフォーマンス

追走ラウンドで一番重視されるのがこのポイント。一人の選手が先行車であろうと後続車であろうと、トータル的に相手選手よりも勝っていればその選手の得点は高くなります。観客を含め、見ているものを魅了するドリフトを披露できた選手だけが、次のラウンドに進出できるというわけです。



フォーミュラD追走ラウンドでは、個人個人の技術力がとても明らかに出てしまうので、選手たちにとっては難しい戦いとなります。しかし、一般生活では見ることができない「ドリフトをしながらの戦い」というのは、観客たちが大会を通して一番望んでいる戦いです。それだけに、選手たちも自ずと気合が入ってしまうようです。



<フォーミュラD情報は公式サイトへ>

フォーミュラD 公式サイト
フォーミュラD チャンピオンシップ 公式サイト(英語)


フォーミュラD公式サイトがこちら。大会日程やラウンド結果、シリーズポイントなど、フォーミュラDに関する全ての情報はこちらでご確認いただけます。ぜひチェックしてみて下さいね。


フォーミュラD 記事別メニューへ戻る

Posted 2008.05.29 | Category: フォーミュラD | Comment(0) | Trackback(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。